埋没法+目頭切開 初期の経過。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は目頭切開+埋没法の初期の経過を見てみます。

まずは手術前から。
手術前
一重まぶたの印象の目です。
左右にラインを生み出すと同時に
目頭切開も行って、目元を整えていきます。

手術直後です。
直後
大きな腫れは無いのですが
まだまだいびつです。

目頭切開と埋没法を同時に行うとやはり腫れは少し増えます。
その部分はまずは我慢です。
でも短期間でもけっこう変わっていきます。

今回のケースでは目頭切開はほんのりとした変化ですね。
糸がついているの見受けられます。
5日以降くらいに抜糸を行います。

内出血はあまり見られないですが
2~3日目くらいまで徐々に増えて、後はうすくなって広がって無くなっていきます。
2週目まででほとんどが消えてしまいます。



ということで抜糸の際のお写真です。
一週間後
ラインはけっこう落ち着きました。もうひといき、というところかな、と。
でもラインが生み出され、目の印象の変化は明らかですね。


糸を取ったところは少し赤かったり、周りに内出血があったり。
傷跡はもうすこし時間が経つと赤くなってきて
さらに時間をかけてゆっくりと目立たなくなっていきます。


切開した部分はゆっくり、少しずつの変化で落ち着いてくるので
そういった部分に対し、メイクでうまくごまかしていくことが大事です。
長い付き合いにはなるので頑張っていきましょう。
内出血はわりとすぐ消えますが、そこもメイクで隠していくという手があります。
適切なメイクで、かなり目立たなくなりますよ。



メイクは抜糸をした翌日以降、となります。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR