ひろくても可能なケース

今回は埋没法
変化度の大きい例です。
いろいろなパターンを載せてきましたが
もちろん広いラインもあれば狭いラインもある。
いろいろと見比べて、自分がどんなラインになりたいか?を考えていくのがよいでしょう。
そのうえで可能かどうかはカウンセリング時にみていきます。



ではお写真を見ていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
ごく狭いラインがあり奥二重、ですが
印象としては一重まぶた、といったところ。

ふだんもメイクして、ラインを作って、としており
やや薄いクセが見受けられます。
そのクセの部分に埋没法でラインを生み出していきましょう。



手術直後です。
直後
広めのラインが生み出されましたね。
直後とはいびつさも腫れも少ないです。
ただ、更におちついて滑らかになっていきます。


最後は1週間目です。
一週間
落ち着きましたね。
もとのラインが狭い方でも、こんな風に広いラインが安定して出やすい人もいらっしゃいます。
広いライン=NO、というわけでもないケース、ということです。
広いラインのほうがなりやすい人もいるわけですね。


人それぞれ、目それぞれで
なりやすいライン、というのは変わってくるので
そこをしっかり考えつつ
自分の希望と重ねあわせて良いラインを生み出していきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR