ヒダの部分を整える。

今回は目頭切開の例です。

ちょっと前に目頭切開について、いろいろ文章を書いたわけですが
文で伝えるのはなかなか難しくて苦労しますね。
文章も読みつつ、今回のお写真のようないろいろな症例写真を見比べてもらって
目頭切開、という手術のもつ能力というものを感じ取ってもらえればなあ、と思います。
そしてそれが自分にとって本当に必要なのかどうか、を考えてもらうのがよいでしょう。


では今回のお写真です。
まずは手術前。
手術前
両目共に蒙古ヒダが見受けられます。
強くはないですが突っ張りがあり、隠れている部分がある、と。
細かく見ると左右でも微妙に違います。
より隠れている部分が多いのは左かな。


目頭切開をおこなってヒダの部分を整えました。
一ヶ月
1か月経って、のお写真ですね。
隠れていた部分が多かった左の方がより変化していますが
両目共に変化しました。
ヒダがなくなり、同時に突っ張っていた皮膚の部分が変化したわけです。


今回のケースでは
埋没法も同時に行い、効果的に平行型ラインを生み出していますが
蒙古ヒダがあるとないとではやはりその部分も変わってきます。
ヒダによるつっぱりが無い方が、平行にはなりやすいのも確か。


平行ラインになりたい!という場合
目頭切開が必須なケースもあるし
必ずしもそうではないケースもあるので
そこは細かくカウンセリング時にチェックし
その上で話し合って、どこまでの施術を行うかを検討していかねばなりません。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR