存在感のある広いライン。

今回は広いライン。
タイトルにも存在感のあるライン、と書きました。
広めのラインを考えている方には参考になるかと。


まずは手術前です。
手術 前
左右共にきれいなラインのある目ですね。
ただ、もっと広く強い存在感を持つラインを希望して来院されました。

両目に埋没法を行いました。
直後のお写真を見てみましょう。
手術直後
ちょっといびつなのは腫れているからですね。
後は、目が重くなっていて、開きが弱くなっています。
手術直後の一時的な下垂です。
これはすぐに落ち着いてきます。

ただ、けっこうしっかりした幅のラインにしては
腫れが少ない、と言えます。
やはり幅が広いほうが腫れて見えやすく
狭い幅の方が腫れて見えにくい、というのはあります。



最後は1週間目です。
手術一週間
落ち着いて滑らかさがラインに見受けられますね。
広く、存在感のあるライン。
変化は明らかです。


このように広いラインを望む場合
埋没法で可能な場合もあれば、切開を伴わなくては厳しい場合もあります。
その点に関してはカウンセリング時に話し合って
可能な範囲がどこまでか等考えていく必要があります。
無理をすると、非常に不自然になったり、すぐにもとに戻ってしまったりという結果につながるので
注意が必要になってくるわけです。


埋没法でも今回のようなラインが可能な方もいらっしゃいますし
いろいろ考えていく余地はありますね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR