さりげないラインではっきりした目に

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。




今回は埋没法です。
目立つような広いラインではない。
でも目を確かにはっきりとさせる。
そういったラインの好例だと思います。


さっそく見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
一重まぶたの目です。
よりはっきりした印象の目を目指して
左右共に埋没法を行いました。


手術直後のお写真です。
直後
現時点でも目が大きく見えますね。
ただ、やや目の開きは弱くなっています。
ラインが生み出されたことによって目の開きが大きくなっているのと
糸がつくことによって一時的に目が重くなって開きが弱まっているのと
両方の兼ね合いで、完成形よりは少しだけ目の開きが狭くなっています。
これはすぐに落ち着いてきますね。


ということで1週間目です。
一週間
ずいぶん目がはっきりしました。
こんな風にラインは広くなくても、目を映えさせることは十分可能です。
その効果のほどはお分かりいただけたと思います。

ただ、今回はやや内出血が多く出てしまいました。
メイクして目を開いているとほぼほぼ問題ないですが
目を閉じるとこんな感じ
閉眼
やや左側に内出血が多く見られます。
出来る限り内出血も減らす、という部分では達成できていない部分が大きく、非常に申し訳なく思います。
どうしてもこういった感じで内出血が出た場合は
時間の経過とともに必ずひくものなので
コンシーラー等メイクをうまく使って目立たなくしていく、という策が一番です。
勇気をもって元気に乗り越えてくれた、本記事の患者様に感謝です。






PS
更新がやや滞っていました。
元気に頑張っていこう、そう思います。
Rest in peace Akihiro Yokoyama
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR