目元を微妙な変化で整える

ゴールデンウィークに突入しました。
なかなか忙しい日々で更新が乱れていますが
無理しないペースでなんとか頑張っていこうと思います。


今回は目頭切開の例です。
大きな変化ではないですが
微細に整えた例、といった感じです。
経過を追って見ていきましょう。


まずは手術前。
手術前

手術直後です。
直後

抜糸時です。(5日後)
抜糸時

最後は1カ月目です。
一ヶ月


細かい変化ですがお分かりいただけたでしょうか?
写真でもわかりますが
目頭切開の施術単独で行った場合は腫れは少ないです。
ただ、内出血は出る可能性がじゅうぶんあります。
この患者様の例ではあまり見受けられないのですが
切開した部分というより目の下に出る、というケースはけっこうあります。
1~2週で変化していくものですが
抜糸の翌日からはメイクができるので
メイクで隠してうまく目立たなくするのがよいでしょう。
抜糸は5日後くらいから、となるので通常1週くらいでメイクが可能になるわけです。



今回のケースのように
微細な変化をうまく生み出していし、という例もあるし
蒙古ヒダが強いケースでは、ずいぶん変わるという例もあります。
いろいろとお写真を掲載しているので
ブログ・カテゴリーの目頭切開のところでいろいろ見比べてみてください。



どんな風な変化が可能であり、どこまで可能なのか?
それをどこまで実際行うか?というさじ加減はまさに微妙なところ。
しっかり考えながら手術に臨むことは非常に大事です。
まずは実際自分の目でシミュレートして共に考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR