一重から目の開きを大きく。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。








目の開き幅、というものによって
けっこう印象は変わってきます。


一重まぶただと開き幅は小さくなりがちなので
そこにラインを生み出していくだけでも
ずいぶんと目の印象に変化が出てきます。


ただ、目を開ける力が弱いと
目の開きが小さいだけでなく
ラインもでにくいということになってきます。
開きが無くては皮膚が折りたたまれず
ラインもしっかりとしたものにならないからです。


糸を使うことによって
ラインを生み出すだけでなく
開きく力もアシストしてあげるという
ちょっと工夫した糸のつけ方を行った例を見ていきます。


まずは手術前から。
手術前
少し重い印象の目です。
ラインだけでなく、しっかりとした目の開き幅を生み出すべく
左右共に埋没法を工夫したかたちで行っていきます。



直後です。
直後
手術直後なのでまだすこしいびつだったり
目の開きが少し弱まったり、というところなのですが
この時点でもすでに黒目の見えている面積が違いますね。
目の開きが非常に良くなっています。



最後は1週間目です。
一週間
そんなに広いラインじゃないにしても
1枚目のお写真と比較すると目の大きさの変化は明らかです。
コンタクトとメイクに寄る効果もありますが
開き幅が大きくなっているのがはっきりと見て取れます。


「目を大きく見せる」
そういった課題を無理ない形で
実現できた良い例でしたね。


目が細いのが気になる、なんていう人にも
こういった施術は有効なケースが多いので一度ご相談ください。
参考になるお写真だったのではないかな、と思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR