くぼみとライン

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。



今回は
目の上の脂肪
目の上のくぼみ
そういったものとラインの絡み
といった話です。





ある程度年齢を重ねると
目の上の脂肪は後退して、くぼみが出てきます。
そうすると、ラインはずいぶん変わってしまうことがあります。
いままでなかった広いラインが出てくる
それは十分にありえることです。


今回のお写真のケースを見ていきましょう。
まずは手術前から。
手術前
左側にラインが出てきてしまったのです。
右もうっすら上にありますが・・まだ全然はっきりしない。
左はけっこうはっきりです。


この場合、下のラインを保ち続けるのは自然のままでは難しい。
目の上の脂肪が後退しているので
その部分に対し、脂肪の移植を行って容積、重みを生み出し
なおかつ切開による下垂手術を組み合わせて
下のラインを保持し続けられるようにする、という手段もありです。

ただ、なかなか大変なのも事実。
だったらナチュラルな方向に任せて
何もせず右にもラインが出てくるのを待つ、というのもありだし
左右ともに広くしてしまうのも、なしではないわけです。


今回は埋没法で右にもラインを生み出し
左もときどき消えてしまう等と不安定なので、しっかりしたものにする。
そういった手術を行っていきます。


手術直後です。
直後
糸を使った下垂手術の手法を応用した埋没法を行いました。
現時点では少しだけ目の開きが弱まっていますが
これはすぐに戻ってきます。
ずいぶん広いラインだ、ということになりますが
その割にはさほど腫れは大きくはありませんでした。
このぐらいであればすぐに落ち着いてきます。

くぼみがあり、なんとなく目がはっきりしなくなってきた、という患者様の場合は
何らかの眼瞼下垂的な要素はある、と考え
すこし凝った糸のつけ方を行うことが多いです。
そうでなくては、更にはっきりしない目になってしまう可能性もあるからです。




ということで最後は1週間目。
一週間
こうして落ち着いて見てみると
外人目っぽい感じになりますね。
左右のバランスはとれました。


広いラインに合わせていくか
狭いラインを保持し続けようとするか
どちらの方針が良いか、というのは難しいところ。
本人の考え方次第です。


今回のようなパターンは
切る、という選択よりもやはりダウンタイムが短い。
その点も含めて、選ばれる方も多いです。
良く考えて、選択していくしかありません。


くぼみが出てきて目がはっきりしなくなった、という中には
少しだけ上に薄いラインが出てきてしまう
そういうような軽いケースもあります。
その場合は、同じような凝った埋没法で下のラインを補強して様子を見ていく場合もありますし
ケースバイケースです。
どうもラインが変わってきてしまって気になる、という方は
まずは診察の上で、「本人の希望」と「できること」が合致するかどうか
合致しないのであればどういう方向を考えていくか
そういったことを診断したり、共に考えたりしていくのがよいでしょう。
まずはご相談ください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR