目力を上げる。

今回は一重の目に
ラインを生み出し、開きを改善した例です。


重さのある目、などという言い方をする場合もありますが
その印象をすこし和らげていきます。


まずは手術前から見ていきましょう。
手術前
一重で重い印象、ということでラインを生み出すべく
両方の目に埋没法を行います。

手術直後です。
直後
直後で、少し腫れがあり
そのせいもあって、目力が強く見えています。

今まで、目の開きが弱く
眉毛を上げて目を開いていたので
その名残もあると思います。

少し慣れてくれば、すぐに落ち着いてきます。



ということで1週間目です。
一週間
腫れがひくことで幅が落ち着き
自然な感じです。

1枚目のお写真と比較すると
変化の具合が非常によくわかりますね。
目の印象がかなりはっきりしました。



目力をアップさせたい場合
こういった方法も一つ
もしくは切開して、眼瞼下垂の手術を行う、という
根本的な治療のような方法も一つ。


どういった方法が自分に適しているのか
その部分を明らかにしていき
ぱっちりした目を手に入れましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR