わざとらしくない自然なラインを。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は奥二重・一重からの変化。
ラインを生み出して
目を美しく見せていきましょう。



まずは手術前です。
手術前
微妙にラインが見えるかな、というところ。
奥二重です。
印象としては一重に近い。

もう少し主張するラインを生み出して
自然に目を大きく見せていきましょう。



埋没法を両目に行っています。
手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
少しだけ腫れていますが
左右共にラインが生み出されています。
大きな腫れはないので直後でも目立ちにくいです。



腫れのピークは
直後もしくは次の日の朝起きたとき、ということが多いです。
直後の腫れもその日のうちでもけっこう変わっていきます。
目が一時的に開きにくくなるものの
どんどん回復するからです。
でもむくみも加わると
次の日の朝がピーク、という人もいる、という感じ。
この直後の状態からどんどん腫れていく、というわけでもないです。


ダメージを少なくすればするほど、腫れはそういった結果になっていきます。
切開法のようなダメージがどうしても大きくなる手術は
少しずつ腫れが強くなっていく、という変化をしていきます。






最後は1週間目。
一週間
いい感じですね。
笑顔も出ています。
わざとらしくない、自然なラインが生み出され
目を映えさせていますね。



腫れをおさえつつ自然な変化を生み出す。
目的はうまく達成できましたね。





PS

拍手コメントへの返事です。

>リオさん
目頭切開単独の金額となります。
ご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR