ライン幅がわかるようにする

今回はラインを広げた例。
自然で美しい変化を見てみましょう。


まずは手術前です。
手術前
もともとラインはあるのですが
開いた時には幅があまりよくわからない。
いわゆる奥二重ですね。

奥二重のラインを広げ
幅が見て取れるラインを生み出していきましょう。



手術直後です。
直後
ちょっとだけ目の開きが弱まっているかな?という感じ。
でも大きな腫れは無いですね。
すでにいい感じとも言えます。



最後は1週間目です。
一週間
目の開きも戻り
メイクをしたうえでも
ラインがしっかりわかりますね。
自然で美しい、幅のあるラインが生み出されました。


広いライン、というわけではないのですが
目を映えさせるいい効果がはっきりとわかりますね。


奥二重からの変化は
ラインの幅の分、目を大きく見せます。
広くしすぎると眠そうに見えてしまったりと逆効果ですが
うまくその部分を計算しつつ
幅を考えていけば
非常に有効な変化となることでしょう。



PS
拍手コメントへの返事です。


>梨緒さん

目頭切開の場合、人にもよりますが
ある程度は変化させないことには
ほとんど変わりがない、という風になってしまうかもしれません。
カウンセリング時にチェックして考えていくしかないですね。

ゴールデンウィークの施術は1か月前から受け付けているので
早めに一度カウンセリングに来ていただければ、と思います。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR