しっかり広めを実現

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。


今回は広めのラインを埋没法で実現した例です。


さっそくお写真を見ていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
ラインは狭いですが
開きも大きく、はっきりした目です。

でもやはりもっと広いラインが欲しい
とのことで埋没法を希望です。


左右両目を広げるように
埋没法を行っていきます。



手術直後、見ていきましょう。
手術直後
写真の色がなんかはっきりしない・・・
写真撮影の技術も上げないとですね。

まあそれはさておき
この時点ですでにラインが広くなっているのはわかりますね。
ただ、まだすこしいびつです。
これが腫れによるもの、ですね。
どんどんと落ち着いていくので経過を見ていきましょう。



ということで1週間目です。
一週間
いびつさが落ち着き、いい感じですね。
メイクも加わって
1枚目のお写真と比べ
インパクトのある目になっているのは明らかです。
ラインによって目が大きく見えている、という事ですね。


広めのラインが良いか
もとのような狭いラインが良いか
そのあたりは好き好き、人それぞれの好みです。
あまりにもいき過ぎると
かえって眠そうに見えたり、と広いのもしっかり考えなくてはいけないし
狭すぎると物足りない、という場合も考えられます。
しっかりと考えながらラインを決定し
手術に臨みましょう。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR