前回の続き、切開法の経過です。

前回の続きを書いていきます。
今回は経過を追ってみましょう。


全切開法の経過です。


手術前
手術前
左右共にラインはありますが
更に広いラインを希望。
大きな目を目指す、ということで切開法を行います。


手術終了直後です。
直後
腫れていますね。
内出血もすでに見られます。
ただ、内出血は徐々に増えて3-5日目あたりがピークでしょうか。
腫れもそのあたりがピークと言えます。



ということで抜糸時(5日目)
抜糸時
腫れは多いですね。
でも少しずつ引いていくので
様子を見ていきましょう。
もう1週でもかなり違うし
更にもう1週でもかなり変わってきます。
でも2~3週あたりまではさすがに腫れが多い時期と考えるべきでしょう。



最後は1カ月目です。
一ヶ月
完全か、と言われると
まだ傷の部分に固さがあったりして
パーフェクトに落ち着いているわけではないでしょうけれど
だいぶ落ち着きました。
更に少しずつ滑らかになっていきますが
すでに良い感じです。


狭いラインであれば
切開法でもけっこう腫れが少ない、といういケースもありますが
通常腫れは出ます。
そのあたりは覚悟の上で頑張っていくしかないですね。


出来る限りダメージを減らせるよう
こちらも留意しつつ
施術を行っていきます。
あと、冷やすことも大事ですね。


埋没法の場合は
中に残る糸に細菌感染が起きるとけっこう大変なので
触ってほしくない、ということで
無理に直接冷やす必要は無い、といつも強調して伝えていますが
切開法の場合はしっかりと冷やすことが大事なので
冷やし方等、施術の際に伝えています。
ここもがんばりが必要ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR