広いラインを切開法で手に入れる

今回は切開法。


切開法で広いラインを手に入れた例です。
広いラインを生み出すと同時に
目の開きを良くする=眼瞼下垂のための操作も行っています。


before/after で見てみましょう。
上の写真が手術前
下が1カ月目 
2枚を比べて見ましょう。


手術前

一ヶ月


ラインが広くなり
目も大きく見えています。
メイクの効果もあるのは明らかですが
(すっぴんとメイク後をくらべていますしね)
開きが変わって黒目の見え方が変わったのは大きいです。


眼瞼下垂に対する施術を行うと
黒目の上の方が隠れがちな人の場合は
かなり黒目の目る部分が大きくなります。
開きが悪い人→ぱっちり開く人
そういった変化です。


開きが小さいままにラインを広くすると
かなり眠そうな目に見えてしまうので
広いラインを実現する際には
開きを変えていく、ということは非常に重要になりますね。



ただ、今回はちょっと腫れが多かった。
次回はこの方の経過のお写真を載せていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR