微細な変化を腫れの少ない方法できっちりと。

今回は
少しだけラインを広くした例。


人によっては、変わってないと思うかもしれないし
でも、人によっては、こういった変化こそ、自分の求めていたもの!
そう思うかもしれない。


細かな変化をしっかりと生み出す。
そういった例です。



まずは手術前から。
手術前
広くはないですが
しっかりしたラインが両目共に見られます。
もう少しだけ広く、目頭側から伸びるラインを生み出していきましょう。



埋没法を両目に行った直後のお写真です。
直後
広い!というラインに変化したわけではないですが
きちんと見比べると変化がわかりますね。

直後ですが
それがよくわからないくらいです。
すでに自然ですね。


最後は1週間目です。
一週間
いい感じの変化が生み出せた、と思います。
自然で美しいライン。



このブログ、ここのところは埋没法でも「攻め」な感じの例が多かったですが
今回はこういった微細な変化。
微細ながらも意味のある変化、そして自然なライン。
おろそかにせず
変わらずにしっかりとしたアプローチを続けていこうと思います。


「腫れない」を目指して進んでいくのは変わりない。
でも、それだけではいけない。
きちんとした方法をきちんとしたかたちで行ったうえで
どこまで腫れを減らせるか。
どこまで自然で美しいラインを生み出せるか。
だからこそ意味がある、そう考えています。





PS
拍手コメントへの返事です。


>みるきんママさん
過去の記事が役だったのであればなによりです。
手術直後はいろいろと不安になるとは思いますが
頑張って乗り越えてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR