常識

初めての方はこちらを読んでみて下さい


2日ほどブログを書かなかったのですが(友を訪ねて秋田に旅に行ってました→アメブロの日記参照
実は 秋田にいる間にもブログを書いたのですが...全部書いてアップしようとしたらなぜか2,3行残して全部消えてしまったのです...残念過ぎる。哀。
で、今書き直しているわけです。




”常識ってなんだろう”という内容です。




いろいろな情報がネット上には飛びかっています。
何だそれ?というようなものが常識になっている場合もある。
いろいろ吟味していかなくてはいけません....






僕は埋没法でそんなに極端に腫れる人がいる、とは思ってませんでした。
はじめて教わったときから、そういった腫れにくい方法だったから。


僕は埋没法で糸が裏に出ていて、黒目を傷つける可能性が高いなんて思ってませんでした。
はじめて教わった方法に、目を傷つけないような糸が出ない工夫が考えられていたから。


当たり前、と思っていたこととは
全く違ったことが起きてしまう。
おんなじような手術でもそういった方法がある、と知ったときのショックは大きかったです。






常識の差異。
さまざまな常識の中で
「腫れにくい」、「ダメージの少ない」が
最初に出会った常識だったことは非常に大きかった。





「腫れる手術」に出会ってしまった人は
「すごく痛くて」、「ものすごく腫れて」が常識になってしまっている場合が多いです。
忘れられないくらいすごく腫れたんだから当たり前ですが。



でも、それだけじゃない!
そんな固定観念は絶対に叩き壊せる。 叩き壊します。


だから、怖れず(一回目の記憶があるからそりゃに怖いに決まってますけどね)
飛び込んできてもらいたいです。



インターネット上に氾濫するようなおいしい口説き文句やインチキ宣伝じゃない。
「腫れ」の差異
「常識」の差異
違うものは違うんだ、と言いたい、証明したい、それだけです。





PS
今日は切開法を行った方が抜糸に来ていましたが
腫れがかなり少なかったです。エクストラブレンド麻酔が効いた!























関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR