ややたるみのあるケース。

今回はたるみのあるケース。


加齢によるたるみで
なんとなく変化が出てきてしまった
重くなってきた感じがする、といったケースです。


たるみが多いと
さすがに「切る」ことが必要になってきます。
埋没法では無理、なわけです。
でも、少しだけラインを広げることができるケースでは
それだけでもルックス上かなり満足がいったり
目が重いケースでは
工夫を凝らした糸のつけ方でかなり状態が良くなることもあります。
なんでもかんでも切らずにいけるわけではないにせよ
こういった例もあるので見ていきましょう。



まずは手術前です。
手術前
たるみでラインがやや変わってきた、というのと
目が重くなってきた、という訴えです。
こういった部分を改善するべく
埋没法を左右の目に行っていきます。



埋没法終了直後です。
直後
すこしびっくりしたような目になっていますが
これは、糸がつくことによって
目が開きにくい、重い、といった感じになって
眉毛を上げているために
こういう風に見えています。
糸がつくと
目の開きが重くなってしまう、というのは
最初期はどうしてもあるかな、というところ。
ただ、今回のケースはそこまで目の開きが落ちてはいないかなと。
なのでちょっとびっくりして見えています。




最後は1週間目。
一週間
たるみがあったところを是正しているのがわかります。
表情が笑っているので、少しだけ目が細くなっていますが
こんな感じです。

ラインを広くして
更に目を開けやすくなるような糸のつけ方も行っているので
快適だ、とのことです。
眼瞼下垂手術の応用ですね。
漫然と糸をつけると
かえって目が重くなってしまうケースもあるので
要注意です。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR