前回と同じ様に目頭切開の経過を見る。

今回も目頭切開の例で
前回と同じ様に経過を追ってみてみます。


手術前、手術直後、抜糸時(5日目)の順です。

手術前

直後

抜糸時


今回の症例は埋没法も同時に行ってラインを広げています。
ラインの変化は明らかですが
目頭切開による変化もわかりやすい例なのではないでしょうか。


蒙古ヒダのつっぱりによって目頭の皮膚で隠れていた部分が出されたわけです。
行っているのはZ法と呼ばれるもの。
単純切開法、三日月法と言われるような無理にひっぱる方法ではないので
きちんと出てきた目頭部分が変に戻ったりしないわけです。
細かな変化でも、しっかりした変化を求める場合でも非常に有効ですね。
行った後の目頭部分が、変に丸くなってしまうようなことも防げる方法です。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR