目頭切開 手術後の変化。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






目頭切開の手術後の経過の例を今回は書いていきます。


まずは手術前から。
手術前
蒙古ヒダが目立つ、というわけではないですが
もう少し目を大きく
かつ目頭の形を整える
そういった目的で目頭切開を行います。


手術終了直後です。
直後
まぶたが腫れて感じますね。
ただ、目頭の部分はあまり腫れていません。

手術直後で、起き上がってすぐで
目が開きづらい、という状況。
腫れのせいではないです。
これはすぐおさまります。

ただ、目の下は内出血です。
青くなっていますね。
傷の上も少し青くなっています。


今回のケースでは目が開きづらくなっていますが
一般的には目頭切開単独で行った場合には
目の開きに影響ないことがほとんどです。


内出血は直後からこんな風に目の下に出るケースも
時々あります。
あまり出ないケースも多いし
いろいろなパターンが考えられます。



次に抜糸時、5日目のお写真も見てみます。
抜糸時
糸がなくなるとすっきりしますね。
傷はこのあと少し赤みを帯びてきますが
そこからだんだんと落ち着いていきます。
抜糸の翌日からはメイクをすることで隠していきましょう。


内出血もメイクで隠してみて、ですが
直後にあった内出血は
この時点ではほとんど目立たないですね。
ただ、もう1週間ほどかかるケースもあります。


手術直後に内出血がなくても
2~3日の間に出てくるケースもあります。
いずれにしても2週間の間にはほとんど落ち着く、と思います。
メイクを加えてみて
どこまでそのあいだも隠せるか、ですね。



目頭切開は
大きな腫れは無い手術ですが
こんな感じのことは言えます。
ダウンタイムは少なくとも1~2週は考えよう、といったところです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR