広いライン。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





広めのライン、とひとくちに言っても
それぞれの考える”広い”はかなり違うもの。
今回はけっこう広めのラインです。


まずはお写真見てみます。
手術前
細いラインがあります。
その他に上方に薄いクセがはっきりしない。
この広めのクセを生かしていきます。


埋没法直後です。
直後
広めのライン。
ちょっと手術直後なので目が開きにくくなっています。
それで腫れが多く見える。
でも、開きはすぐに戻ってくるので
問題なくなってくることでしょう。


最後は1週間目。
一ヶ月
広めのラインがうみだされています。
メイクも加わり、かなり印象が変化したのがわかります。


実際広めのラインが欲しい、という方でも
このくらいのラインは埋没では厳しい、というケースも多い。
この方の場合は
目の上の脂肪が少なく
結構上めにクセが出やすいので
可能だ、と判断できたわけです。


どのくらいまでのラインなら可能か?
どのくらいまでの方がより落ち着きやすいか?
いろいろな部分を考えながらシミュレートし
自分なりの”広いライン”を探していくしかありません。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR