一重か・奥二重からの変化。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回はライン幅があまり無い、という目に
しっかりとした幅のラインを生み出していった例です。


まずは手術前のお写真から見ていきます。
手術前
微妙に狭いラインはあるのかな?
という奥二重です。
印象としては一重の目。
ラインを埋没法で生み出していきます。


手術直後です。
直後
狭めラインをデザインしての施術だったのですが
やや広く腫れて見えています。

前の写真と比較して、目が少し重い感じに見えていて
これは糸をつけたばかりで開きにくい状態になっている
すなわち下垂が起きています。
ただ、下垂が長く続いてしまうような糸のつけ方をしていないので
どんどん落ち着いてきます。
実際、こういった感じだと
その日の夜見ると、その方がずいぶん落ち着いています。

ピークは直後なのか、というと
翌日の朝、という人もいます。
時間が経つどんどん目の重さがとれて開きやすくなるのですが
翌朝はむくみも加わって
リセット、もしくはよりプラス、といった腫れが出る場合もあるわけです。
でもどんどんと落ち着いてきます。


ということで1週間目。
一週間
末広型の良いラインに落ち着いています。
2枚目、3枚目のお写真を比べると
目じり側のライン幅はあまり差がありません。

これは腫れが多かった、というより
目が重くなっていてそれで腫れて見えていた、ということの
実証でもあります。


糸がつくと重くなったり
麻酔の影響でも直後は重くなったり
そういったものがあるのですが
負担をかけにくい方法でいくと
この下垂が出にくかったり
出てもはやく引いてくれるのです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR