クセをしっかりしたラインに生まれ変わらせる。

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





今回は埋没法。


アイプチ等でクセづきやすい目ではあるけれども
きちんと固定されない、だとか
時間が経てば消えてしまう、だとか
二重になりきらない、という人は結構います。


もう少しなんだけど・・
なりきらない。
こんな場合、線はあるので
その線を生かしてあげて
両目にしっかりとしたラインを生み出す、というのは常套手段の一つ。
今回はそんな例です。


まずは手術前から。
手術前
右ははっきりしたラインがあります。
でも左はやや薄い。


今回は片目手術の例かな?といった術前写真ですが
右目も薄くなることが多いとのことで
両目の埋没法施術を行うこととなりました。



ということで手術終了直後です。
直後
さっきの写真と右目同士を比較すると
やや腫れているのがわかります。
腫れ、というか微妙に目が重くなっている感じ。
直後なのでややそういった部分がありますが
これはすぐに落ち着いてきます。
ただ、ぱっと見ではあまりわかりませんね。



最後は1週間目です。
一週間
落ち着きました。
非常にいい感じです。


腫れをかなり抑えたうえで
綺麗なラインが生み出された、と
言葉にするといつも通りと言えばそれまでですが
こまかくいろいろ考察していくと
今回はけっこう工夫した糸のつけかたを行っています。

一番最初のお写真、左目に着目すると
目の上が少しだけくぼんでいるのがわかります。
細かい話なのでよくわからないぞ?という人もいるとは思いますが
いろいろ目を観察し
こういった部分に注意を払って
糸のつけ方をそれぞれの人、目に合わせて変えているわけです。

くぼみやすい人は
ラインがいろいろぶれやすい、出にくいといった傾向はあるので
しっかりとそのラインが定着するよう
工夫を凝らしていくわけです。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR