わずかな変化かもしれないけれど、目を丸くしていく。

目を大げさには変化させたくはないけれど
少しはっきり、大きく見せたい。
こういった人は多いはず。

一重の人の場合はラインを生み出すだけでも
目の開きが変わってくる、というパターンもありますが
ラインがもともとある人の場合は
少しだけ目が開きやすくなる工夫をしつつ
ラインはそのままにするか、もう少し広くするか
そういったことを埋没法で行うことがあります。
今回はそういったお写真。



まずは手術前からです。
手術前
二重のラインは両目共にありますね。

ラインの幅および目の開き幅
両者を少しずつ拡大できるように
埋没法を工夫していきましょう。


両目ともに施術した直後のお写真です。
直後
少しだけ腫れています。
直後なので微妙に目の開きが弱くなっているのですが
それでも手術前のさっきのお写真よりも
目の開きが良くなっていることがわかります。
細かく見ていくといろいろわかりますね。


最後は1週間目です。
一週間
1枚目、3枚目のお写真を比較すると
目が丸く大きくなったのがよくわかります。

そんなに大きなラインを生み出したわけでもないのですが
目の開きの大きさも含め
少しずつの変化で
不自然ではなくいい感じの変化となっています。


印象を変えすぎずに
はっきりとさせる。
効果的にその目的が果たされた例ですね。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR