開きの差

今回は埋没法。

左右でやや目の開きが違うケース。
眼瞼下垂ではなく開きが違う、というパターンです。


まずは手術前からみていきましょう。
手術前
左目のラインの方が狭いですね。

それ以外にも左右の違いがあります。
それは目の開きの違い。
比べると
右目の方が開きが大きいですね。

これは左目が下垂している、というわけではなく
写真では切れてしまっている部分ですが
右の眉毛が上がっている。

眼瞼下垂の時には
眉毛をあげてなんとか目を開いている、という場合もありますが
この方の場合はくせなのか、目の開きは問題ないのに
右眉があがっているのです。

それを抜きにしても
左目のラインは狭いので
合わせていきます。


左目に埋没法を行った、手術直後のお写真です。
直後
少しだけ腫れがありますが
多少のものなのですぐに落ち着いてきます。


1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
落ち着きましたが
眉を上げている分
やや右の方がラインが広く見えます。
あとはこのクセを気を付けて様子を見ていくしかないです。


眉を上げた状態の右目と幅がそろうように
左目の埋没をデザインし施行していくという手もありますが
下垂のあるケースと異なり、クセで眉を上げている場合は
自分で鏡を見るときなどは眉を上げないことが多いので
ライン的に左右が変に違ってしまうので
こういったデザインをしているわけです。


あと、目に下垂がなくて
眉毛を変にあげてしまうクセがあると
額にシワが寄りやすくなるので注意です。
こういったケースでは
額にボトックスの注射を打つと
眉を上げるクセが抑えられるので
それも手ですね。





PS
拍手コメントへの返事です。

>まるさん
手術お疲れ様でした!
順調ということでなにより、ですね!!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR