自然で美しい変化を求めた切開法

今回は切開法
広いラインではないけれども
目自体がぱっちりしたものとなるよう
重い印象の目を変化させています。

「全切開+眼瞼下垂」
そういった手術です。



お写真で見てみましょう。
上が手術前
下が1カ月目です。

手術前

一ヶ月


少し重い感じの一重まぶたの目。
埋没法を行っても戻ってしまった、ということです。
今回は切開法を行いたい、ということでご来院されました。

広いラインをつくる、というよりは
目をはっきりしたものにする、といった方針で
ある程度の幅のラインが生み出されるよう
全切開法を行っています。

切開法でラインをしっかりと生み出す、と同時に
目の開きも多少弱い印象があるので
この軽度の眼瞼下垂に対しては
挙筋短縮、と呼ばれる手術を加えていきます。
上眼瞼挙筋という目を開けるときに使われる筋肉
筋肉の最後は腱、というものになりますが
上眼瞼挙筋の場合は、膜のような腱になります。
この腱膜の部分を操作して
目を開きやすいものにしていきます。
(挙筋短縮法、なんて表現されたりします)
その結果、黒目がよりはっきりと見えるようになっていますね。

重い感じの印象を変えるには
いろいろな方向から攻略していくわけです。
皮膚のあまり
目の上の余分な脂肪
こういったものを少し取り去ってあげて
ラインを生み出したり、目の開きを改善するようにしていったり
総合的に目を変化させていくわけです。
上記したような部分のどこかを変に変えすぎると
不自然な印象になってしまう可能性があるので
バランスを考えながら
注意深く計算しつつ行っていくわけです。


今回のお写真、術後の写真を見てみると
1ヶ月の段階で
目はぱっちりとしつつ、なおかつ自然な印象
そういえるのではないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR