目が大きい場合

ドクター松井クリニック院長の松井です。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。







今回は埋没法で広いラインを生み出した例。


目の開きが大きい患者様で
広いラインが似合うタイプ、と言えると思います。


開きのいい目に
広いラインをプラスする、というのがどんな感じか
そこをお写真で見てみてください。


まずは手術前からです。
手術前
目の開きが大きいタイプですね。
ラインはあまり広くないですが
それでもかなりぱっちりに見える。

目が大きいので
もっと広いラインが生み出されても
眠そうに見える、なんていうことにはなりません。
ということでラインを広げていってみましょう。



埋没法直後です。
直後
左の方がやや腫れが多いかな?というところ
ですが目立つようなものではない、のではないでしょうか。
けっこう広めのラインを生み出しているのに
かなり腫れが少ないです。

ノーメイクですが
のっぺりして見えたり
ねむそうだったり、という感じはないです。



最後は1週間目です。
一週間
2枚目とおおきく変わってはいませんが
滑らかになって落ち着いています。
ぱっちりと大きい目ですね。



先に書いたように
目の開きが大きいと、広めのラインは生かされます。
でも目の開きが小さいと
眠そうに見えたり
かえって目がちいさく見えたり
ぼんやりした印象になってしまったり
逆効果になってしまう場合もあり得ます。



自分の目がどんなタイプか、というのもチェックしつつ
カウンセリング時には
シミュレートで実際に確かめていきましょう。



あとはメイク次第な部分もあるので
自分のスタイル、というものも関わってきます。
いろいろな角度から
どういった目にするのか、を考えていく必要がありますね。




広いライン、狭いラインというのは
一概には言い切れない。
その人の目に合うか
スタイルに合うのか
といったところです。





PS
拍手コメントへの返事です。



>Naokoさん
あけましておめでとうございます。
応援ありがとうございます、頑張り続けていこうと思います!
口当たりよい感じの方が受けがいいのは確実なのですが
曲げずに走っていきます。



>しーさん
あけましておめでとうございます。
風邪もよくなりました。
体調悪悪でびっくりしましたよ。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR