いつものラインを実際に手に入れる

今回のお写真は
いつもアイプチやメザイクでラインはあるのだけれども
なかなかクセはつかない。
そういったラインを埋没法で獲得した例です。


お写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
左目はラインがしっかりある感じですが
完全にはクセづかず
消えてしまうことも多い、とのことなので
両目の施術を行うこととなりました。



埋没法終了直後です。
直後
右は腫れが出ています。
どんどんひいていくので
まずは様子を見ていきます。


左はずいぶん腫れが少ないです。
よーく1枚目、2枚目のお写真を見比べると
やや腫れているのがわかるかなというくらい。



最後は1週間目です。
一週間
落ち着きましたね。いい感じのラインです。


いままでもメイク等で
こういったラインで生活していたわけだから
手術を受けた、ということに周りは気付かないですね。



あっさりラインがクセづく人もいるにはいますが
やはりなかなかそうはいかない。
皮膚に負担がかかってしまうようであれば
アイプチの使用は良くないので
こういった手術を検討するのも
あり、だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR