切開 前回の続き。

今回は前回の症例の続き
経過を追ってみていきます。



まずは手術前
手術前
両目に切開法を行っていきます。


手術終了直後です。
直後
終了直後ですが
そこまでの腫れはありません。
広いラインではないのでこんなところ、ですが
切開法はダメージの大きい手術なので
少し時間が経ってから腫れが増えてきます。
内出血も同様、少ししてはっきりしてきます。


5日目、抜糸直後です。
抜糸時
腫れ、内出血共に多くはないのですが
さきほどの直後のお写真よりは多くなっていますね。
ラインもちょっといびつ、あやふやなところもあります。


腫れのピークはこのあたりでしょうが
あとはしばらく我慢。
様子を見ていきます。


ダメージが大きい手術なので
初期は冷やして経過を見ます。



最後は1カ月目です。
一ケ月
かなり落ち着き
非常に自然な感じですね。


今回はラインもそこまで広くなく
よって腫れていても極端、ではないですが
やはりそれでも埋没法に比べると
はるかに経過は長くなります。
切開法の場合は、やはり時間が必要。
ダウンタイムをかなり見込まなくてはいけません。


ただ、非常に強力な効果を持っている、と言えるので
希望する場合は
そういった点を良く考慮したうえでの検討となります。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR