目と目の間の距離。

目頭切開についてこれまでもいろいろ書いてきました。


目頭にある蒙古ヒダ、と呼ばれる部分によって
皮膚につっぱりが生まれ
微妙に目頭側が皮膚で隠れる、そういった部分を整えて
隠れていた部分を出す、というのが
目頭切開の基本的な能力です。

隠れていた部分が出てくると
左右両方の目が少し近寄ってきます。
目と目の間の距離が変わるわけですね。



これをお写真で見てみます。
上が手術前
下が1ケ月です。


手術前

一ケ月


比較すると
手術後は目頭の部分がシャープになった
というように形が変化しています。
そしてちょっとずつですが
左右の目が内側に大きくなり
その分目が違近づきました。


目を大きくする、という観点で見ると
やはり目頭切開をする方が大きくなるのですが
目が近くなる
目頭がシャープになると、目の印象が大人っぽくなる
といったような効果が表れるので
そのあたりは好み、というようになってきます。


かわいい系→大人っぽい、美人系
というような変化でしょうか。



あとは目が近くなるのは
目が離れている、と感じている人にとっては
非常に良い効果を生みます。
ただ、目が近い人だと
かなり目と目が近寄ってしまう印象になるので
手術を受けること自体を止めておいた方がいい、という場合もあるのです。


このあたりは「自分のケースだとどうなのか?」
それをしっかり考えながら計画する必要がありますね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR