様々な手法を組み合わせ、目を印象付ける。

今回は目をはっきりさせた例・・
というこのブログではごくごく当たり前かな、という話ではありますが
埋没法でラインを生み出すだけでなく
メイクやコンタクトで
かなり効果的に目の印象をはっきりさせた例。

その効果のほどが
お写真で変化をとおして
わかりやすい例だな、と。



さっそく見ていきましょう。
まずは手術前。
手術前
右は奥二重かな、左は一重。
その分、目の開きが左右でも違います。
問題になる眼瞼下垂があるわけでもなく
ラインがある、ないによる差ですね。

埋没法で左右共に
ラインを生み出し
目を映えさえていきましょう。



埋没法直後です。
直後
ラインが生み出され、腫れも少ないのですが
やや目の開きが弱くなっているかな?というところ。

手術直後の下垂です。
これはすぐに治ってきます。
それにしてもコンタクトが無いとけっこう違いますね。


最後は1週間目。
一週間
腫れも引き、目の開きもよくなり
その上でメイクやコンタクトも加わると
ずいぶん目がはっきり、大きくなりますね。

埋没法によるラインが
非常に効果的に生かされている例ですね。


当然ながら手術をすれば終わり、ではなく
さらにそのラインを生かすために
こんな風にいろいろな方向から
アプローチするのは
それぞれいろいろと試し
研究することが重要ですね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR