はっきりさせる。

ドクター松井クリニック 院長の松井です。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






はっきりしない目をはっきりさせる。


例えば一重→二重まぶたというのも有効な変化だし
目がくぼんできて、薄いラインが増えたり、なんていうときに
しっかりさせてあげる変化も非常に有効。


今回のお写真でも
印象の変化を見ていきます。



まずは手術前のお写真から。
手術前
ややくぼみもあり、なおかつラインがはっきりしません。
目が重くて眉毛をあげがちだと
ラインはでにくく、くぼみもわかりやすくなります。

強いものではないですが
やや眼瞼下垂傾向、ということでしょう。

しっかりとラインを生み出すため
切らない眼瞼下垂手術の応用で
目をはっきりさせていきましょう。



手術直後です。
直後
すでにいい感じですね。
まだいびつではあるものの
1枚目のお写真と比較すると
明らかに目がはっきりしています。


このお写真ではわかりにくいですが
目の上のくぼみもややめだちにくくなっています。



最後のお写真は1週間目です。
一週間
だいぶ馴染みましたね。
いい感じです。

細かく言うと
まだ眉毛を上げるクセが少し残っていて
お写真では切れていますが、右はちょっとだけ眉が上がっています。
それがちょっとしたラインの形の差になっています。
だんだんと変化した目の状況に体も慣れてきて
よりそろってくることと思います。


はっきりしたラインの目になり
くぼみ目、ぼんやりしたライン、という目と比較すると
非常に有効な印象の変化が生み出された、と言ってよいのではないでしょうか。


強い下垂がある場合は
切開を伴うような方法でなくては苦しいですが
今回のケースでは埋没法、糸だけでこういった施術を行っています。
めちゃくちゃ目が大きくなる、というものではないにせよ
目の重さから解放され
疲れなどの面でもいい感じの変化が起きるのは
ラインがしっかりし、目がはっきりするのと同時に
非常に有用な変化、と言えますね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR