広めのラインを求める。

最近は広めのラインの希望も多く
いろいろ工夫をして
埋没法で可能な範囲であれば
広めライン施術も多く行っています。


ブログにもけっこう広いラインのお写真を見かけることと思います。
すごく狭い奥二重、というようなラインの繊細な変化もなかなかやりがいがありますが
広めも広めで
工夫をこらし、しっかりとしたラインが生み出されるよう
頑張りがいのある施術です。


ただ、誤解しないでほしいのは
なんでもかんでも広めにしてしまう、とか
目に合っていない無理な広さを作る、だとか
そういったことは行わないです。
あくまで診察の上で
可能な範囲での検討、という風になってきます。
無茶苦茶はしないですし、お断りするケースもあるかと思います。
そこはご了承ください。

僕自身の好みで
広いラインを勧める、もしくは狭いラインを勧めるといったことはないです。
あくまでバランスだったり、物理的に可能かどうかという点だったりが
ポイントになってきます。



ということで今回のお写真。
手術前
手術前もラインが左右共に綺麗に存在しています。
広げたい、という希望で来院されました。
広めのラインを埋没法で生み出していきましょう。



ということで手術直後です。
直後
左<右で右の方が腫れています。
下垂が多く出てしまっています。
この手術直後の下垂が多く出ると
実際のダメージは少ないけれども
腫れが多く見えるわけです。


最後は1週間目です。
一週間
細かく言うと
まだこの時点では完全ではないかな、というところ
右目はやや下垂が多かった分
もう少しだけ落ち着いてくるかな、と。
うまくメイクをすれば更にわかりにくいとは思いますが
そういったところです。

やや腫れの大きくでた症例でしたが
確実に落ち着きを見せ
いい感じになってきています。


広めになるほどこういった感じは出やすいので
ダウンタイムをとらせてしまいましたが
幅のあるラインがしっかりと生み出され
メイクを施して更に目を大きく美しく見せるのが楽しみですね。




PS
拍手コメントへの返事です。

>しーさん
ありがとうございます!
ブログ1000回越え目指してがんばります。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR