広いラインを実現するために。

今回は広めのラインを実現した例。
広いラインで目を映えさせていきましょう。




まずは手術前からです。
手術前
もともとラインはあります。
より広いラインを求めて来院されました。
広いラインを実現していくべく
埋没法を左右の目に施行していきます。


手術直後です。
直後
コンタクトがなくなり目が小さく見えるのもありますが
実際少し開きが弱まって、黒目が小さく見えています。

手術直後で、やや下垂現象が起きています。
メイクがないことも相まって
目がはっきりせず、眠そうに見えていますが
どんどん目の開きも落ち着いてきますので
様子を見ていきましょう。


ということで1週間目です。
一週間
メイクも加わり
目の開きも戻って
非常にいい感じです。

広いラインなので
やや腫れがわかりやすい例でしたが
短期間でこのように落ち着き
目がきれいに映えています。


広いラインはチャレンジの部分が伴います。
といっても可能、不可能はちゃんと判断したうえで
完全に無理な場合はチャレンジも避けるべきです。
また、眠そうにみえる結果に終わってしまったり
変に不自然になってしまってもいけません。
どんなことが可能か、というのをしっかりチェックしつつ
最善の位置はどこなのか?を吟味していくしかありません。



ただ、チャレンジするラインは広いので
やはり狭いラインを行うときよりは
腫れて感じやすい、と思います。
そこもあわてず、頑張ってクリアしていくしかありません。
実際には大きな腫れではないので
目の開きが落ち着いてくるのを待てば
かなり回復した、と言えるので
そうそう長い時間かかるものでもありません。


「腫れない」を完全に実現できなくても
いつも書いているように「腫れない」を目指した工夫は
腫れの引きのはやさにつながります。
あとはどれだけ更に腫れを減らせるか、という点についても
いろいろと考えていこうと思います。
ただ腫れが少ない、というのでなく
「しっかりとした二重まぶたを実現したうえでどこまで減らせるか」
を実現する、という点が大事です。



広いラインへのチャレンジ
カウンセリングで方向性を探っていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR