二重ラインをしっかりと生み出すことにより、くぼみを目立たなくする。

ドクター松井クリニック 松井です。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






目の上のくぼみは
だんだんと目立ってくることが多いです。

加齢とともに目の上の脂肪が後退していくことで
目の上がくぼんで見えます。
眼瞼下垂に伴ってくぼんで見えるケースも多いので
こういった場合、眼瞼下垂の方法を応用した手術で改善を見るケースも多いです。


お写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
ラインを生み出したい、という希望で来院されました。
やや下垂傾向があると、眉毛を上げて目を開く、という風になってくるので
そうするとラインは出にくく
くぼみも目立ちます。



埋没法直後のお写真を見てみましょう。
直後
しっかりとラインができ
くぼみがすでに目立ちにくくなっているのがわかります。

眼瞼下垂手術の応用で
ラインを生み出すと同時に
くぼみも目立たなくできたわけです。

脂肪の減少や後退が強い場合は
何らかの形でボリュームが減少した部分を補うことが必要かもしれませんが
このようにある程度目立たなくなってしまえば
かなり良い感じではないでしょうか。


最後は1週間目です。
一週間目
普通に二重の人、という感じですね。
自然に落ち着いています。




下垂がだんだん強まると
三重まぶたが目立って来たり、と
いろいろな変化が出てきます。



ある程度までの段階であれば
切らずとも補っていくことは可能なので
このような手法もあり、と思います。



目の上のくぼみで
なんとなく老けて感じる、なんていうのが
気になる方には、ひとつ参考になれば、と。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR