自然なラインをきちんと生み出す。

今回は広くないライン。
自然で美しいラインを
きちんとした丁寧な手術で生み出す。
当たり前のことですが
その当たり前をしっかりと行う、という事に僕は誇りを持っています。

そうして、良い結果が出ても
喜んでもらえるか、喜んでもらえないかはわかりません。
その本人がどう思うか?だからです。
いい結果が出て、「当然」と考え、何とも思わない人もいるだろうし
すごく満足する人もいるだろうし
感想は人によってまちまちでしょう。

精密にデザインし、丁寧な施術を貫いていき
きちんとした結果を出し続ける
僕はそれを貫いていくだけです。
喜んでもらえたら、それに越したことはないけれども。
いずれにせよ
まずはしっかりとした施術ありき、です。




なんだか前置きが長くなりましたが
まずは手術前から。
手術前
左目は少しだけラインが見受けられます。
外側だけある、というか。
右目は一重です。
ここに自然なラインを生み出していきましょう。


埋没法を両目に行った直後です。
直後
大きな腫れはないです。
でもすこしだけ幅が広く出ていて、ややいびつに感じます。
ここからどんどん滑らかになっていきます。


最後のお写真は1週間目です。
一週間
すっかり落ち着き、滑らかになりました。
さっきの手術直後のお写真も大きな腫れが無く
けっこういいぞ、という感じでしたが
比べるとやはり、こちらのお写真の方が落ち着いています。
目の開きもしっかりとして
非常にいい感じです。


こんな風に自然で美しいラインを生み出すことができると
いろいろとこだわって施術していることが報われた、なんて思って
けっこう感慨深いものがあります。


「埋没法なんて だいたい、って感じでなんとかなる」
みたいな考えの医師も多いと思います。
まさに” プチ ”という考えで。
でもそういう人はそういう人で、僕は僕。
こだわって、考えて
クオリティ高いものを生み出したいし
進化したい。
「ちゃっちゃっとやればいい」なんて思ってる人には
手術してもらいたくないですしね。


埋没法、とひとくくりに言っても
非常に奥は深い。
できる、できない
向いている、向いていない
などなど含めて
しっかりと診断しながら今後も向き合っていこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR