開きを揃える。

ドクター松井クリニック 松井です。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は片目の施術。
片方は明らかなラインがあるけれども
もう片方にはラインは無く、目の開きがずいぶん小さく見える・・
こういった目を揃えていった例です。


まずは手術前から。
手術前
右目はラインが無く
その分開きは弱いです。

ただ、それだけではなく
若干の眼瞼下垂もある、という見立てで考えました。


切って行う眼瞼下垂はダウンタイムの問題などもあり
なかなか大がかりになってしまう。
ということで今回は切らない眼瞼下垂、などと呼ばれる
糸による目の開きの改善手術を応用し
開きと同時にラインも生み出していく方法を用いました。


手術直後です。
直後
手術により開きの改善はみられていますが
少しだけ目の開きが弱まる部分もあり、プラスマイナスで
ちょっとだけ左より目の開きが小さくなっており
そのせいでラインが太く出ているので
やや腫れて見えています。
でも、このぐらいであればすぐに落ち着いてきます。

大きな腫れではないですが
片目だとややわかりやすいですね。


1週間目のお写真です。
一週間
すっかりいい感じです。
目の開きもライン幅も、ほぼほぼそろったのではないでしょうか。


左右の差、というものは
究極的に言えばそろうことはないのでしょうけれど
極端な差は無い方がやはりバランスよく見えます。



ラインを生み出すだけでも揃う例は多いですが
このように眼瞼下垂の施術方式を取り入れたほうが良い結果が出る例もあります。
また、切らなくては揃うのは厳しいな、という診断になる例もあります。


その場合、切開の眼瞼下垂を行う人もいれば
多少だけでも、ということで切らずに行い、差を少なくする、という方針で臨むケースもあります。
この辺りはよく話合って考えていくしかないです。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR