幅のしっかり見えるラインを生み出す。

今回は奥二重の目に
しっかりしたラインを生み出した例。
はっきりしないクセのみのところに
さらに広めのラインを生み出していきます。



まずは手術前のお写真から見ていきます。
手術前
ラインがはっきりしていませんね。
しっかりしたラインを生み出し
目を映えさせていきましょう。


埋没法施行直後です。
直後
泣いた後のような感じですね。
ちょっと目が赤くて
少し二重の幅が広く出ている。
でも大きな腫れも無く
直後であってもかなり滑らかです。


最後は1週間目。
一週間
落ち着いて、先ほどのお写真よりも更に自然になりました。
非常にいい感じですね。


細かな施術は腫れがすくない、と同時に
直後から自然になりやすい
そういった経過をとることが多いです。


精密にデザインし
丁寧な施術を行う。
当たり前のことを
日々繰り返している。
そういった点は誇りに思ってよいのではないかな
と自分では考えています。

いろいろとこだわる、という事以前に
非常に大事な部分ですね。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR