目頭切開 前回の続き。

今回は前回の続きです。
経過を見たい、という声があったので
流れを追って順にお写真を掲載してみていきましょう。


昨日と同じお写真、手術前です。
手術前

手術直後のお写真です。
直後
細かく糸がついているわけですね。


Z法、と呼ばれる方法を使用しています。
最終的に落ち着いた際に
目頭が変に丸くなってしまいにくい方法、ということで
僕はZ法を採用しています。


目頭切開の施術を希望する方々は
つ、や し みたいな形の
丸っこい目頭を望まないケースがかなり多いからです。


こういった点まで留意して
施術方法を選択しているかどうか
そこまで考慮している、いないは
施術者によってわかれてしまうと思います。


ある程度落ち着いてみたら
希望していない丸い目頭になってしまった、という時に
それを修正してシャープにする、というのが
非常に難しい、というケースが十分考えられるので
この手法を一番メインに考えています。



次は抜糸をした直後のお写真です。(5日目)
抜糸時
内出血が広がっているのがわかります。
内出血の状況を見るために少し広い範囲のお写真にさせてもらいます。
こんな感じで内出血が下のほうまで出ています。


内出血は2週あればまずひきますが
抜糸の翌日からは
メイクが可能なので
傷や内出血をどこまでうまくメイクで隠すか、というようになってくると思います。



2週間目のお写真があればよいのですが・・
最後は1カ月目です。
一ケ月
形の変化は昨日のブログで見ていただいた通りです。


目頭切開のビフォー、アフターで言うと
アフターはより美人系に近づくイメージ
ビフォーの方が可愛い系、というパターンは多いです。
幼い、と大人っぽい、の違いというか。


シャープな目頭を生み出し
美人系のイメージを増加させる。
(また、目と目の間が近くなるとそういったイメージは増しますね。)
目頭切開で望まれるのは
この要望、ということが多いのです。
理想にどれだけ近づけるか、がポイントなので
上記の様な施術を行っています。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR