くせはあるものの薄い。

今回は
薄いクセしかないまぶたに
しっかりとしたラインを生み出した例。


はっきりした目にするためには
きちんとしたラインが必要です。
お写真でその効果を確かめていきましょう。



まずは手術前です。
手術前
右も左も薄い線はあるものの
左右でも違うし
かなり薄いもの。
しっかりとしたラインに生まれ変わらせていきましょう。


埋没法手術直後です。
直後
少しだけ左が多く腫れているかな?というところ。
ただ、大きなものではありません。
術直後にも関わらず、あまり目も重くならず
現時点でもかなりいい感じです。


最後は1週間目。
一週間
薄かったクセもしっかりしたラインとなり
目をかなり映えさせています。
アイメイクも加わり、すごくいい感じですね。
 
アイプチ等でクセづいて
しっかりしたラインになってしまう、という人もいるにはいますが
こんな感じで薄いクセにしかならない、という場合
埋没法できちんとした二重ラインに生まれ変わらせる、というのは
非常に効果的な方法と言えます。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR