再手術について

初めての方はこちらを読んでみて下さい





ラインが薄くなってしまった場合
もしくはまるっきり消えてなくなってしまった場合

再度 糸をつけてラインを出すことは十分可能です。


糸の付け直し、再手術 といわれるものです。


腫れに関しては
初回よりも増える、という意見もありますが
何ともいえません。
ちょっとだけの補強の場合は極小の腫れで抑えられることも多いですし
そのときそのときでやや腫れについては変化します。
なるべく腫れにくいように細心の注意をはらっていくのは、初めての手術でも再手術でも一緒です。



元に戻ってしまったとき、どうしてもまた極端に腫れてしまう
というのでは困ってしまいます。
だからこそ「腫れない手術」は有効なのです。





「何回くらい再手術は可能なのか?」という質問はありますが
明確な答えはありません。
ただ、何度も何度も 短期間で戻るのを繰り返す場合は
ラインの幅を狭くして手術を行ったり
切開法の施術に変える、といったことを行う必要があります。



やはりラインが広くて目にあってない場合は元に戻りやすいので
そこは考えていかなくてはなりません。







関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR