広めにしたい!

ドクター松井クリニック 松井です。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。






今回は広めのラインを生み出した例。
人それぞれ、可能なライン
なりたいライン 
いろいろと十人十色です。

今回の例では、広めのラインを生み出すべくチャレンジしていきます。
まずは手術前です。
手術前
すでにラインがありますね。
この時点でもいい感じの目、と思いますが
左右共に広げることが希望です。
埋没法を両目に行っていきましょう。


埋没法終了直後です。
直後
大きな腫れは無いですが
やや右は幅が大きく出ているかな、というところ。
目の開きも右の方が少しだけ落ちているので
ちょっと腫れぼったく見えやすくなっています。
ただ、どんどん回復していくので心配せず見ていきましょう。


ということで1週間目です。
一週間
広めのラインが確立されましたね。
どこまで広くしたいか、にプラスしてどこまで広くできるかを探っていき
しっかりとラインを決定して
そのデザインに合わせてこのようにラインを生み出していきます。


広いラインがいいか?
狭いラインがいいか?
この点は本当に好みの分かれるところ。
どんな形がよいのかを吟味して
手術に臨んでいきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR