ラインの流れ方を整える。

今回は過去に埋没法の経験のある患者様です。
ラインの微妙な流れ方の調整を行いました。
お写真を見ていきましょう。
まずは手術前。
手術前
目頭側が下がって見えてしまうので
そこを調整したい、とのこと。
微妙な変化ですが埋没法で生み出していきましょう。
中央部から目頭にかけてに幅をもたせます。


ということで両目に埋没法を行いました。
直後のお写真です。
直後
大きな腫れは無いですね。
少しだけ広く見えていますが
内側を調整しました。

なお、今回は前の手術で目立つ糸が多かったため
複数個の糸を抜糸しています。
ラインのかたちとしては内側だけ変化していますが
外側等も糸を付け直しています。

元の手術の糸が問題なければ
内側だけ幅を変えるように糸をつければよかったのですが
全つけなおし、といった感じの手術になっています。


最後は1週間目。
一週間
1枚目と3枚目を比較すると大きく変わっては見えません。
でも細かく見ると
メイクをしても幅がしっかりとした、という変化がみられています。
全体的にまるみを帯びる感じに変わった、というか、。


糸を多くとったにもかかわらず
腫れが少なくてすんで
いい感じにスムーズにすすんだ手術でした。


余計なことが無ければ
必ずしも糸は取らなくてよいのですが
目立つ場合はとってしまうほうが
美容面でよいかと思います。
目立っている糸はけっこう簡単にとってしまえるので。
年数がたっていて、目立たない糸は取ることができない場合もあります。


ここのところ
他院での手術後の糸を取りたい、という人が
何人かいらっしゃいました。
思いのほか腫れてしまって、それが妙に長引いたり
目が開きづらくて、どうにもこうにもならなかったり
いろいろなパターンがあります。
本当は手術をした施設で撮るのがよいのでしょうけれど
信頼関係が微妙になってしまっているので
任せられない、ということをおっしゃられ
僕のところに相談に来る、という感じです。
クリニックによっては(それがいいか悪いかは別ですが)
特殊な糸のつけ方をしている場合もあり
なかなか大変は大変。
でも抜糸することによって
目の重さ等は一気に、一瞬で解決するので
”治った!”という実感はすごくあります。

あんまり変なことになっているときは
我慢しすぎず抜糸も一つの手である、というのは確かです。
待った方が良いケースもあるので
そこはどのくらい日にちが経っているのか、なども含めて考えながら決定していくしかないです。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR