目をはっきりさせるために埋没法でできることをしっかりと。

ドクター松井クリニック 松井です。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。





ラインが生み出されることによって
目がはっきりする。
これをなすべく毎回いろいろ考え工夫して手術をするわけですが
切らない手術では限界があります。

ただ、切らないでどこまでいけるか、は工夫しがいがある部分。
ぎりぎりまで無理をして、というのでは困りますが。
十分に可能なこと、という範囲で
どんなことができるのは探していく価値があります。


ということで今回のお写真を見ていきましょう。
まずは手術前。
手術前
やや左右で差が見られます。
少しだけ右目が重いかな、という感じです。
埋没法を用い
ラインを生み出し、目をはっきりさせていきましょう。


手術直後です。
直後
やや腫れがあり、ラインの上の皮膚が乗って見えるかなと。
でも目がはっきりする感じはすでにありますね。
ここから更に落ち着いていくのはわりすぐです。
少し経過を待ちましょう。


最後は1週間目です。
一週間
微妙に差はでるものの
いい感じに落ち着きました。

やはり右目の方が上まぶたの皮膚はやや多いか?
というところですが、様子を見ていって十分良いのではないでしょうか。


埋没法でラインを生み出していく場合
皮膚や脂肪の量はやはり関わってきます。
そういったものを切除できる切開法の方が有利な場合も多々あります。
ただ、やはり切開には抵抗ある人が多いのも事実。
埋没法でどこまでいけるか?に取り組んで
無理ない範囲でうまく変化をつけていく、というのはありだと思います。
更に上を目指す場合はやはり切開ですが・・
どんなことができるのか?を探っていくことは非常に有用ですね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR