なんとなくぼやっとした目をはっきりさせよう。

ドクター松井クリニック 松井です。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください。








今回は
なんとなくぼんやりして感じる、という目・ラインを
しっかりしたものにしていこう、はっきりさせていこう
そういった施術の例です。


ちょっとした違いなのですが
それが大きい。
お写真を見てもらえばわかりやすいと思います。


まずは手術前です。
手術前
両目共に二重です。
すでにいい感じの目だ、と考える人も多いでしょう。
ただ、なんとなくぼんやりして見える、という悩みの人はいます。



つけまつげをつけるとはっきりするのだけれど
とると少しぼんやりしてしまう。
なんていう悩みを言ってくる方は非常に多いです。
ちょっとした差なのだけれど・・
それが大きい。



このパターンは
少しだけラインの食い込みが弱い、というケース
眼瞼下垂のケース
などなど考えられるので
埋没法手術でそういった問題点を減らすべく
両目に施術を行っていきましょう。


手術直後です。
直後
1枚目と2枚目、お写真を比較すると
目の開きが良くなり、ラインがしっかりした、という点で微妙な差がわかると思います。

この時点では
ちょっと強調され過ぎている感じもありますが
(やや開きが強い?)
徐々に落ち着いてきます。



ということで1週間目。
一週間
落ち着きましたね。
いい感じです。


ちょっとした違いなのですが
こういった差を生み出すことも可能ということです。


なんとなくぼんやりした目を
はっきりしたものにしていく。
非常に意味のある、良い変化と言えるのではないでしょうか。



ちょっとした眼瞼下垂のある方の場合にも
こうやって開きをしっかりさせるというのは有効です。
ただ、下垂の場合は通常の埋没法だけでは
かえって目がはっきりしなくなるケースもありえるので
目をきちんと開けやすくなるような
糸の工夫を施す必要があります。
状況次第で判断していくことが大事ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR