広いラインへの挑戦

今回はけっこう広めのラインのお写真です。


昨日に引き続き
広いラインの例なのですが
今日の方が更に広い。

広いラインを考えている方は
参考にしてみてください。


さっそく見ていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
もともとラインはありますね。
でも、もっと広いラインが希望です。

カウンセリングの際に話し合って
けっこう広めのラインを希望だ、という言葉でした。

広めのラインはチャレンジにはなるのですが
この方の場合、行ける、という感触があり
埋没法を両方の目に行いました。


ということで埋没法直後です。
直後
うむー、広いですね。
手術したて、ということで少し目の開きが落ちていて
やや広く見えているのもありますが
計画しているラインが広いので
こういった感じかな、と。
腫れている、というよりはそもそも広いわけです。
こういった際の目の開きはどんどん落ち着いていくので
経過を見ていきましょう。


1週間目のお写真です。
一週間
目の開きが戻った、というのもありますが
あとはメイクですね。
メイクが加わると、広いながらも極端なものには見えません。
強めのメイクを施しても
ラインがそれでも広く残り主張する
そういった広さのラインです。


埋没法でこういった広さが
誰にでも可能、というわけではないでしょうが
この方の場合は、少々チャレンジな部分はあるにせよ
可能、と診断できたので手術に踏み切りました。


最近は広いラインの希望も多く
広いとやっぱり直後は腫れて見えやすいのですが
こんな感じで実現していくと
この方の場合もそうでしたが、非常に喜ばれました。



昨日も書いたのですが
広いラインを出したい場合
狭いラインを出す際の工夫とはまた違った工夫が必要になってきます。
通常の方法では出にくい、もしくは出ない、という場合もあるからです。
今回の例でも
通常とはずいぶん違った位置からの糸のかけ方となっています。
そういった工夫が肝になっているのです。


こういった広いラインにチャレンジしてみたい、という人は
カウンセリングにいらして希望を伝えてください。
総合的に診察して、どこまでいけるか、どこまでやるのか?
そこを共に考えていきましょう。


もちろん、奥二重のような狭いラインを希望する方もいらっしゃいます。
目立たないラインながらも目を映えさせる、という方向を考える人も多いです。
そういった希望の方もお伝えくだされば大丈夫です。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR