広いラインを無理なく自然に生み出す!

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回ははっきりした広めのラインの例です。


近年は広いラインの要望も多くなっており
広いながらもしっかりとしたラインを生み出すべく
いろいろ工夫を凝らしていますが
狭いラインとはまた違った工夫が必要です。
様々な方向から考え、こだわっていこうと思います。


では今回のお写真にいきましょう。
まずは手術前です。
手術前
一重まぶたの目です。
ここにしっかりとしたラインを生み出していきましょう。



埋没法手術終了直後です。
直後
大きな腫れはないです。
ただ、特に受けた本人が思うのは
なんとなく”強め”に感じる、というところ。
どんどん滑らかに馴染んできますが
最初は気になるかと思います。
ただ、1枚目のお写真と比べると
効果のほどはおわかりいただけると思います。



今回はいつも書いているような
手術直後の目の開きづらさ・・下垂があまり起きていないです。
下垂すると腫れたように見えて
その点についても2日くらいするとかなり落ち着きますが
ごく初期は気になるかな、という感じです。




最後は1週間目です。
一週間
幅のあるしっかりと主張するライン。
いい感じに落ち着きました。

一重からの変化で
目も丸くなり、ライン幅もあるので
けっこう印象の変化がありますね。


広いラインは最初腫れて感じやすい、という点はありますが
しっかりとした手法で
きちんとしたラインを生み出し
憧れの二重瞼を手に入れるべく頑張っていきましょう。



夏休みに向けて二重まぶた手術のカウンセリングも増えてきました。
どんなラインにしたいのか?という点と
自分の目だとどんな風になるのか?という点
カウンセリングで把握しながら共に考えていくのが大事ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR