一重まぶたの目にラインを生み出していく。

今回は一重まぶたの目に
埋没法を行った例です。


二重まぶたの遺伝子の方が優性遺伝、といって
発現しやすいといいますが
日本人は一重まぶたの方も多いです。


ただ、年齢を重ねると
ラインが出てくる場合もあるので
一概に割合がどうこう、というのは難しいか、と。



一重の目にラインを生み出すと
輪郭がまるくなり、目が大きく見えやすいです。
シャープな印象で一重がいい、という人もいるでしょうし
二重の方が優しく、目つきが悪く見られにくくていい、という人もいると思います。



どちらが自分の好みか?
そこをきちんととらえ、考えていくのが大事です。


では今回のお写真を見ていきましょう。
まずは手術前からです。
手術前
両側ともに一重まぶたの目です。
ここにラインを生み出していきましょう。



ということで埋没法手術直後です。
直後
大きな腫れはありません。
ほんのり輪郭は丸くなっています。
1枚目のお写真と比較するとわかりますね。

輪郭のかたちが変わるのにプラスして
ラインの幅の分、陰影で目が大きく見えます。
ノーメイクであっても随分違います。



最後は1週間目です。
一週間
コンタクトが入ると
さらに目が大きく見えますね。
ラインも落ち着き、いい感じです。



一重の目、二重の目。
最初にも書きましたが
どちらが良いと思うか?によって
こういった施術を受けるかどうか、というのが決まってきます。
自分にとってどちらが良いのか?ですね。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR