より目頭側から。

今回は
ラインを広げた例。
より目頭側から伸びるラインを求めた例です。




まずは手術前から。
手術前
ラインが途中から始まる感じの末広ラインですが
もう少し目頭から伸びるラインにしていこう、ということで
埋没法を両方の目に施行していくこととなりました。



手術終了直後です。
直後
ちょっと腫れが出ていますね。
全体的にみると腫れは非常に少ないのですが
内側、目頭側に腫れが多く、少しラインが乱れています。

ただそれでも大きなものではないので
2日くらいでずいぶん落ち着くことと思います。



ということで1週間目。
一週間
より目頭側および中央部が主張するラインとなりました。
いい感じですね。


腫れは内部では1ケ月超でも細かい意味では続いているのでしょうが
目立たなく、見てわからなければいいわけですから
このように割とすぐに問題ないところまでいきます。


あとはもし内出血などが多少出た場合には
アイメイクでうまく隠していくのが良いかと思います。
手術の前に、自分の肌の色に近いコンシーラーを用意しておけば
ちょっとした赤みがでても
ほぼほぼ隠せるでしょうから
備えあれば憂いなし、といった風にしておくのがよいかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR