狭めのラインを広げていく。

今回は狭い二重を広げた例です。

よりぱっちりした目を求めて、という際には
こんな感じの変化は、自然かつ効果的ではないでしょうか。



さっそくお写真をみていきます。
まずは手術前から。
手術前
狭いラインがありますが
あまりはっきりせず、印象としては一重まぶたに近いです。
埋没法手術でここにラインを生み出していきましょう。


手術直後です。
直後
あんまり腫れがわからないですね。
右側のラインのより上がやや腫れて
かぶりが多くなっているかな?という程度。
いい感じですね。

埋没法が終了して、ほんとにすぐ、という写真ですが
すでにかなり自然です。


最後は1週間目です。
一週間
末広型ラインと平行型ラインのどちらともいえるようなライン。
派手すぎない平行型、とでも言いましょうか。
目頭からしっかり伸びるラインに生まれ変わりましたね。


切らないでどんなラインが生み出せるのか?
それは人によってもまちまちになってきます。
蒙古ヒダの強い場合には
目頭切開を併用しなくては平行型ができない、というケースもあるし
このお写真の方のように
広くはないけれど平行、というようなラインを埋没法だけで生み出すことができるケースもあるわけです。


どんなラインが希望で
どんな目なのか。
その二つの具合によって
どこまで施術を加えていくか、が決まっていきます。
ただ、一番多いのは、埋没法のみを行う、という人。
出来る範囲で行っていく、というパターンです。
切るところまで踏み込む、という人もいるし
いろいろなパターンがあるわけです。
カウンセリングできっちり考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR