一重まぶたに平行ラインを生み出した例。

今回は一重まぶたの目にラインを生み出した例です。
自然で美しい平行型の二重ラインが生まれています。
さっそくお写真を見ていきましょう。


まずは手術前から。
手術前
一重まぶたです。
ここにラインを生み出していきましょう。



埋没法直後です。
直後
直後でもすでにけっこう滑らかなラインですね。
でも、少しだけ目の開きが変化しているかな?というところ。
やや開きづらくなっています。
手術直後なので見られるものですし
ほんの少しなので、すぐに落ち着いてきます。



ということで1週間目。
一週間
メイク、コンタクトで雰囲気が変わりますね。
目の開きも落ち着いていい感じです。
コンタクトが入ると開きが大きくなったかのように見えて
ラインとともに効果絶大ですね。



1枚目のお写真と比較すると
一重まぶた→二重まぶたという変化なので
目の開きがその分大きくなっているのがわかります。
一重→二重変化は大きいですね。



この患者様の場合は
自分の指でもクセづくようなラインがあったので
そのラインをなぞるような形で埋没法を行っています。
クセが出やすい人は非常に埋没法をおこないやすい、とも言えます。
細かくきれいにクセをなぞってあげるようにしてデザインし
精密にクセを再現していくようにします。
デザインはしやすいですが、ずれないように細心の注意を払って施術を行っていきます。
そうすると、滑らかで美しいラインが生み出されます。
わりと直後から自然にみえるのも、そういった細かく丁寧な作業の結果です。
大変ではありますが、やりがいある作業です。
作業の積み重ねが良い結果につながる、というのは
本人そしてこちら側の喜びにもつながります。



埋没法はどの部分をとっても緻密さが要求されます。
要求されるはずなんですが・・
実際はけっこう適当にやってもある程度の結果は出せるタイプの手術でもあります。
でも、細かい部分までこだわって施術することによって
綺麗でなだらかな自然なラインを生み出せたり
目を閉じたときの跡が目立たなかったりといった
そういったことにつながっていくわけです。(逆も真なり、です)
どこまでこだわって施術にあたっているか?
医師選びはそこがポイントですがなかなか難しいです。
ブログの言葉だけ熱く誠実な人もいるし。
このブログも口だけにならないよう、更に頑張っていこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR